2017年8月9日水曜日

竿燈と青空と

秋田の夏といえば竿燈です

ただ竿燈祭りに見に行きたいけど、混んでる中に行くのもなあ・・・

そんな患者さんの言葉もありました。

ということで、今年も8月3日に来ていただきました「勝平竿燈会」の皆様

毎年、病院裏の公演で楽しませていただいております。

皆さん、暑い中ですが、大喜び。

もちろん夜の竿燈もすばらしいですが、


この青空のもとの竿燈も壮大ですね。

ちゃんとテントも準備しています。

近くで見ると感動もひとしお


記念撮影まで


病院にいながらも、季節を感じられる。

この感覚、大事にしていきたいですね。


2017年7月22日土曜日

こんにちワンワン久しぶり U^ェ^U

久しぶりの福祉犬訪問の投稿

福祉犬の訪問は1か月に1回ありましたが、ブログへの投稿は久しぶり。

患者さんのご協力いただいて、素敵な笑顔とワンちゃんの愛くるしさをお届けします。



犬が好きで飼っている方も、飼っていた方も、

初めて犬に触れるという方も、皆さん喜んでいただけました。(^▽^)




2017年7月19日水曜日

願い事

先日の七夕

一人ひとり、短冊に願い事を書いてつるします。















スタッフが願い事を聞いて、代筆したりもします。

皆さん、どんな願い事をしたのでしょうか。

こんな願い事



その裏には、
こんなメッセージが・・・

















いや~、ありがたいお言葉です。

患者さんの多くの願いは、病気のこと、身体のこと。

それとともに、家族や他の患者さん、スタッフを気遣う願い事。

頭が下がります。

みんなの願い事がかないますように。

2017年7月16日日曜日

ハワイ気分 (~^O^)~

秋田市土崎の「ゴスペルフラを楽しむ会 ラウレア」の皆様が癒しを与えに来てくださいました。

今年で3回目。



暑い夏の行事として定番になりましたね。

ゴスペルフラとは、ゴスペル(God Spell、よい知らせ、神の言葉)をフラダンスで表現するというもの。


そして「ラウレア」とは「幸せ」の意味。


フラダンスを間近でみるのは初めてという方が多かったです。

そして参加した皆さんにレイのプレゼント。

皆さん、病室にレイをかけて戻ってきたときには、ハワイに行ってきた気分。


まさに皆さんに「幸せ」を運んできてくれました。

ありがとうございました。




2017年7月13日木曜日

ホスピス遺族会

だいぶ更新が遅れてしまいました。

6月17日、市内の会場で、2017年の遺族会が開催され、50名ほどのご遺族が参加されました。

当日は暑い中、お集まりいただきましてありがとうございました。

三浦院長のあいさつ


黙祷














ボランティアによるオカリナ演奏












会場の様子


嘉藤ホスピス長 あいさつ


いつものことですが、この遺族会は遺族をケアするという趣旨のもと行われておりますが、それは恐れ多いこと。ほとんど私たちスタッフが皆様に励まされたり、勉強させられたりしています。

夕方頃になると寂しさを感じるという方。

故人がいつもそばで励ましてくれて、元気に前向きに過ごされている方。

家族、友人と出かけるようになったという方。

毎日、仏壇に向かって、話しかけているという方。

様々です。

皆様が遺族会に来てよかった。スタッフに会えてよかった。同じような遺族の方々に会えてよかった、と言って帰られます。

遺族会は、来てくださった皆様にとって大事なひと時になったのかなあと感じました。

一方、遺族会に参加される方は、私たちのホスピスで亡くなられた方の一部です。

参加されなかった方のことを、私たちスタッフは思い出します。

どうしているのかなあ。私たちに会うのもつらいことなのかなあ。会いたいなあ。

そんなことをスタッフの間で話すこともありました。

緩和ケアの領域の学会などでは、このような遺族ケアプログラムに参加されなかった家族のケアについてどうするかということが話題になることがあります。

ケアがより必要な可能性が考えられたりしていますが・・・

さて、この遺族会の経験は、必ずスタッフの糧になります。明日からのケアに活かしていきたいと思います。

最後にこの遺族会のサポートをしてくださったホスピスボランティアの皆様に感謝申し上げます。



2017年6月9日金曜日

ハーモニカ演奏会「楽しい病院」

6月というのに、また寒くなってきた感じの秋田です。

さて、先日、ホスピスでは秋田ハーモニカクラブ、日吉の森ハーモニーによる演奏会が行われました。



ある患者さんからの「この病院を楽しい病院にしたい」という提案で開催されたこの企画。

8名の皆様の素晴らしい演奏に、患者さん、ご家族含め30名ほどが耳を傾けました。

ハーモニカの音色はどこか懐かしく、哀愁が漂います。



この日誕生日の患者さんにハッピーバースデイの演奏も。



患者さんのミニハーモニカの演奏。これまた心を打たれます。

全11曲、うっとりと聞いていると、あっという間でした。

最後は秋田県民歌で盛り上がりました。

皆様楽しんでいただけました。

秋田ハーモニカクラブの皆様、日吉の森ハーモニーの皆様、ありがとうございました。

おかげ様で「この病院を楽しい病院」には大成功です。

病院というところは、暗くて、冷たくて、寂しくて、怖くて、なんか嫌なところ。

患者さんが願っていたのは、「楽しいから、また来たい」。そんな病院。

少しでもそんな病院に近づきたい。患者さんの一言で、スタッフもそんな思いになりました。


2017年5月7日日曜日

今年も咲きました!わきました!!

今年の桜まつり。

4月21日
















まさに、外はちょうど満開の時期に開催できました。ピッタリ(≧∇≦)

相変わらず、はりきっていますが、患者さんの受けは・・・





桜を見ながら民謡を楽しみましたよ
































歌の佐藤祐幸さん、古谷博子さん、尺八の菅原五郎さん、三味線の佐藤裕治さんに来ていただきました。毎年ありがとうございます。

この方々の民謡を間近で聞ける、しかも、こちらのリクエストに応えてくれるなんてことはそうありませんよ。

そして、花より・・・




今回は、サプライズで誕生会もさせていただきました。



おめでとうございます。

患者さん、ご家族に、とても喜んでいただけました。

さらに、他の患者さん、ご家族からも祝っていただき、会場の一体感がとても素晴らしかったです。

なぜか行事の後は、スタッフも心地よい疲れがありますね。

参加いただいた患者さん、ご家族、そして、盛り上げていただいた民謡の皆様、そして、この会を準備していただいたボランティアの皆様、本当にありがとうございました。

皆様に感謝です。


※写真の掲載は患者さん・ご家族の承諾を得ております。ご協力ありがとうございました。